日本蜜蜂飼い始めました(2018)どうにか家にたどり着きました。

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

日々是好日

日本蜜蜂飼い始めました(2018)どうにか家にたどり着きました。

今年も友人から「蜂、いる?そろそろ蜂が分蜂しそう!」
というメッセージが。

昨年と違って 最初から 家に連れてこようと計画し、
今年こそは 日本蜜蜂が定住できますようにと願いました。

3月24日 

昨年使った巣箱を持って、友人の日本蜜蜂の巣箱群の横に、空の巣箱を設置。
巣箱


巣箱

友人の所には、数は10個ぐらいの日本蜜蜂の巣箱があり、
庭中に元気よくブンブンと飛びまわっていました。

分蜂もまじかになって来て、巣箱の外に出てきている蜂
も多くなってきているみたいです。

「分蜂したら 持ってきた空の巣箱に分蜂した蜂たちを入れ
るので、電話をしたら取りにきて。」
と言われました。

3月27日
友人から「昨日 分蜂したので、巣箱に入れたので
取りに来て。」と連絡が。

「えっ!昨日分蜂したのなら、一旦3km離さないと!」
友人の巣箱を設置している場所は、家から1kmも離れていない。
友人は「大丈夫じゃない、そのまま家に連れ帰り、設置してみれば。」
もし 逃げて元に戻ったら、また日本蜜蜂をまた貰おうと思い、
自宅の裏の畑に設置することにしました。
KONOITOからも歩いて2分ぐらい。

迎えに行くのは夜。
蜂は夕方巣箱に戻ってきます。
夜は巣箱の中で過ごすのです。

夜8時近くに、車で友人の蜂の設置場所に到着。
蜂よけのネットつきの帽子をかぶり、手袋して
山用のヘットライトをつけて 暗闇の庭に侵入。

10mも離れていない設置場所の南側には居酒屋、
ガラス張り2階で楽しそうに飲んでいる人たちが見える。

飲んでいる人が私の怪しいヘットライトの動きに気づいたら
泥棒に間違えられる。
まずい!なんだか悪い事をしてるような気分になる。

まず 蜂が外にでないように 黒い布テープで接合部や
出入り口を板をかませて、巻いていく。

荷造りテープで巣箱と土台のプラスチックケースを結合する。
蜂達がガタガタしている音にザワザワと騒ぎ出している。

巣箱を車に入れようとするが高さが高くて入らない。
巣箱を横にすることはできない。

蜂達が怒っている!
どこからか あんなにきちんと出入り口を塞いだはずなのに
蜂が私の顔の周りでブンブンと飛び回り、怒っている。
思わず「ゴメン!ゴメン!引っ越すだよ。しばらく辛抱して」と
話しかける。

仕方ない 巣箱を置いて、車を取り換えるために私宅へ。
軽トラックがあった。鍵はついていた。
ギアチェンジの軽トラに乗ったのはいつのことだろうか?
覚えていないくらい前のこと。

軽トラに巣箱を乗せて、時速10~20kmぐらいで移動。
近くであるし、車があまりいなかったことに感謝。
 
暗闇の中、ヘットライトをつけて、巣箱を畑に設置。
蜂達は怒っている。騒いでいる。
私の心臓はバクバク。蜂達はどこからか出てきている。

巣箱

急いて 出入り口の布テープを取ってやりました。
しばらくは 外に出る蜂もして、
ザワザワしていましたが、
やがて静かになっていきました。

とりあえずは、今晩の仕事は終了。
自分へお疲れ様~!ホッとしました。

巣箱設置の次の日、
設置した巣箱を安定するように石をかませたりして
巣箱のガタガタを安定させ、
屋根をつけないと思っていたら、丁度いいモノがあった。
緑色の波板の屋根ができました。
ただいま 木造三階建ての重箱式の巣箱です。

巣箱


巣箱0328

日本蜜蜂たちは 逃げずに巣箱を出たり、入ったり。
少しだけ ホッとしました。

女王蜂が巣箱から逃げたり、死んだりすると
巣箱から 日本蜜蜂はいなくなり、巣箱は消滅。
私は 女王蜂見た事ないですけど。

そこで2017年は女王蜂が逃げないように
女王蜂は働き蜂より大きいので、女王蜂だけ出れないように
女王蜂専用の檻を借りて来て1週間ほど設置。
今回は 運に任せようと檻を借りてきましんでした。

日本蜜蜂


菜の花
植えたわけではないけど、菜の花がたくさん咲いていて、

蜂さん達も 菜の花の花から花への忙しそうです。

雑草

野草いや雑草にも花がたくさん咲いてます。

日本蜜蜂も西洋蜜蜂や色々な蜂がブンブン 花から花へと飛び待っています。

日本蜜蜂は 基本 のら蜂!
巣箱や環境が気に入らなければ あっという間に引っ越す。
それに 分蜂して次の日に移動したので、元の場所に戻るかもしれない。

とにかく この巣箱に住み着いてくれるといいのですが。



掲載日:2018-06-19