日本みつばちの「ミツロウヘアワックス」を作ってみました。 暮らしの中で使える知恵、アイディアをご紹介。心や体に心地よく暮らすために、暮らしの中で使えそうなアイディアを調べて試してみました。

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

暮らしの知恵

日本みつばちの「ミツロウヘアワックス」を作ってみました。

髪をベリーショートにすると、ヘアワックスで、髪をセットしたいのですが、 市販のヘアーワックスは、香りがきつくて使いたくない。
そこで、日本みつばちの蜜?を先日作ったので、 日本蜜蜂の蜜?で、ヘアーワックスを作りました。 蜜?のヘアワックスの分量 ミツロウ10g、つばき油20g、精油3滴ぐらい
1.瓶の中に、ミツロウを10gを入れて、鍋にお湯を少々入れた中で、 弱火で加熱して、 ミツロウを溶かして行きます。
2.私は、髪につけるので、椿油を使用しました。ホホバ油などでも可です。 日頃から 椿油だけだと、酸化して臭いがいやなので、生のローズマリーをつけ込み、 精油を数滴落として使っています。 今回は、椿油に事前にローズマリーをつけたおい た椿油を使用しました。
3.ローズマリーをつけた椿油は、香りもよく、少し緑ぽい色です。
4.溶けたミツロウに椿油を入れて、湯せんしながら、溶かしていきます。 きれいに溶けたら、 お湯から取り出して、精油(ニュージーランド真性ラベンダー、ティツリー)2滴づつ。
5.十分練ったらは、完成です。 ベリーショートの髪にミツロウヘアワックスをつけて、手くしで整えてみました。 香りも良くて、満足です。
*・はじめは、ミツロウを5gで作ってみたのですが、ゆるすぎたので、10gに増やしました。
・十分に溶かしていなかったので、後でつぶつぶができました。そこで再度湯せんして、 溶かして 固まってもつぶつぶが出ないようにやり直しました。
・冬は、少し硬すぎるので、少しつばき油を足して使っています。

KONOITO



掲載日:2014-12-11