わた栽培をはじめました。2015年、和綿を栽培3年目、洋綿を栽培2年目年。ここでは、綿栽培の様子をご紹介します。

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

綿栽培日記

今年は、和綿と洋綿を植えますよ(1)

昨年 熊本の恒松さんと、鹿児島の吉野さんから頂いてきた和綿の種を植えました。
残念ながら 無肥料・無農薬で育てたせいか、じょうずに育てることができずに、 ほんのわずかの収穫となりました。
収穫量 白綿3.5g。茶綿7g 納豆ではありません。和綿の種。白綿種18g。茶綿種24g。
わたがついて、ふわふわとした、かわいいというか、あいらしい(方言)種。 上手に発芽するか心配です。 今年は 和綿+頂いてきた洋綿の種もまいてみようと思っています。
洋綿を紡いで作った糸。 すごくきれいでしょ。 これは、私が紡いだのではなく、当社の顧問?
紡ぎの先生のUさんから紡いでいただきました。 糸つむぎの体験のためにも、たくさんの綿を収穫しなければ、と思っています。

左の大きな綿が洋綿、右の小さいのが和綿。 茶綿。左の大きな茶綿が洋綿。右の小さい茶綿が和綿です。 洋綿は、上向きに綿ができて、和綿は、下向きに綿ができるそうです。

雨の多い日本なので、和綿は、下向きと言われば、納得です。
これも納豆ではなく、洋綿の種。 薄茶。濃茶。緑。白。 種の準備はできたので、発芽のために水につけます。
秋には、たくさんの綿が収穫できるといいな。

 KONOITO



掲載日:2014-05-01