今年は和綿と洋綿を植えてますよ(2)−(和綿)  わた栽培をはじめました。2015年、和綿を栽培3年目、洋綿を栽培2年目年。ここでは、綿栽培の様子をご紹介します。

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

綿栽培日記

今年は和綿と洋綿を植えてますよ(2)−(和綿)

洋綿畑の後は、自宅裏の和綿畑へ

草ボウボウ、草刈りをしなければ。 和綿は何処へ?何処へ?

草刈り機と手刈りで、草取り。 草刈り機、なかなかじょうずにまだ使えません。

今年の和綿の生育状態は、昨年よりいいような気がします。
昨年は、無農薬、無肥料で栽培。
ひょろひょうろで、綿の重みで、折れていまった綿が多かったです。

そこで、今年は、無農薬はもちろんですが、
日田の里山再生をやっている吉田さんから土着菌の肥料を分けてもらい、
根本に3回ほど散布しました。

和綿の花、洋綿より少し濃い黄色、きれいです。

和綿は、大きいものは、1m5.60cmちょっと、小さいものは、20cmぐらい。
草を刈り取ると、下の方に、綿がはじけていました。
特に、小さい苗や枯れたものに綿がはじけていました。

これは、和綿の茶綿。
小さい苗は、子孫を残そうと必死になり、早く綿がはじけるのでしょうか。

「和綿は、綿は下向きについていて、洋綿は、綿が上向きについているですよね。」
とお客様にお話してました。
和綿の綿の付き方を目の前で見て、今年「確かに!」と実感しました。
昨年は見てたのですが、そこ見ていなかったですね。

和綿の畑の周りには、栗。

はるか、ミカンの種類。植えて2年目です。

レモンも植えて2年目、4個なってました。

地はえのバジル、2,3カ所にはえてます。
地ばえのしそが、増えすぎて、綿を圧迫していたので、かなり取り除きました。
しそは、赤と青が混じったしそ、表は緑、裏は紫です。

はじけた綿を少しだけ収穫してきました。
今週末は、洋綿の畑の草取りと、はじけた綿を収穫予定です。

                                     
  KONOITO



掲載日:2014-09-14