無農薬・無肥料の菜園作りはじめました。(1) KONOITOの代表宮原が、日々の中で出会ったすてきなモノ・コトをご紹介します。KONOITOは、心や体に心地いい、モノやコトを創る会社です。

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

すてきなモノ・コト

無農薬・無肥料の菜園作りはじめました。(1)

今まで、耕す畑がなかったのですが、 引っ越して、家の裏に空き地があるので、 今年の春 前から興味があった 無農薬・無肥料の菜園作りを始めました。 6月現在 4月15日に植えた苗が食べられるようになってきました。 毎週週末しか 畑を見にいかないので、 1週間前までは、10cmぐらいだったきゅうりが、 きゅうりの幹が支えられないぐらいに 巨大な大きなバナナの1.5倍ぐらいに。 はっきり言って、もっと早く収穫すべきでした。 きゅうりの硬い皮を少々剥いて、 ポン酢に赤麹を入れて、その中に きゅうりと自生えの青紫蘇をザクザク切って ピリ辛のお漬物風にして、おいしくいただきました。 ピーマンも1個だけ収穫。
とまとの重みで、茎が曲がって倒れていました。
さっきまで、野菜に上下を開けた肥料袋をかけていたので、 重みで倒れたトマトを見て、 野菜を覆った肥料袋を取ってやりました。 それで キュウリやピーマンが収穫する時期に来たことを知りました。 いつ 袋から出してやれば いいのかず〜と、思案中でした。
話は、3月頃にさかのぼりますが、 前から、自然農法の野菜作りに興味があり、 奇跡のリンゴで有名な木村さんの 自然農法の野菜作りの本を読んだりしていました。 でも 本だけでは、わからない。 それで、 久留米の「産直や蔵肆」の畑塾に3月に行ってきました。 遅れていったため、少ししかお話を聞くことができませんでした。 木村さんの本の中で、 「肥料に頼らず、窒素を増やす根粒菌をもつ大豆を植えたと書いてあったので、 野菜を植える前に、大豆を植えて、土作りをするのか。」質問をしました。 大豆を植えなくても、 雑草のカラスのエンドウやスズメのエンドウにも根粒菌があるので、 空き地に生えていますか?尋ねられました。 早速 帰って空き地の雑草を観察しました。 からすのえんどうがたくさん生えていました。
カラスのエンドウの根っこを掘り出すと、根には根粒菌がありました。 これで、自然農法の菜園作りの一歩前に来ました。

 KONOITO

















掲載日:2013-06-19