日本蜜蜂を飼い始めました。(2018.6~8)

出産祝い、出産内祝い、出産準備品に~肌に優しい無添加コットンのKONOITO

5千円以上のお買い上げで送料無料! 営業時間のご案内

KONOITO店長ブログ

日本蜜蜂を飼い始めました。(2018.6~8)

半年前の事を書いています。

記憶があいまいですが、5月になると、
巣箱の周りにスズメ蜂の姿が。

6月になってスズメ蜂のトラップの作り方を教えてもらい、
巣箱の西側のイチジクの木にセットしました。


スズメ蜂トラップ

設置するとすぐにペットボトルの横に開けた穴から
スズメバチが入ってきました。
「やった~。」と思っていると、
ところが しばらくもがいていると、ペットボトルの横の穴から
出ていってしまいました。

再度穴を縦を3㎝近くあったのを1.5㎝ほど小さくしたら、

ほぼスズメ蜂は出ていけなくなりました。

スズメ蜂トラップ

雨が降って、水が入りましたが、たくさんのスズメバチやカナブンが罠にかかりました。

スズメ蜂トラップ

一旦スズメバチと一緒に中身を捨てて、またスズメバチストラップ液を
再度入れて、7月になってイチジクの木の下につりました。

またたくさんのスズメ蜂が甘い香りにつられて、罠にはまりました。
暑い日々35度前後になってくると、スズメ蜂もいなくなってきました。
現在 紅葉も綺麗な秋になりましたが スズメ蜂トラップはそのままです。(笑)

夏の花

巣箱の周りにはノカンゾウの花

夏の花

カボチャの中に蜜蜂が。

巣箱の中

巣箱の中です。

巣箱

2018.7.9

巣箱を夏のしつらえに変更。

気になるセミ?

巣箱の中

この画像は6月のはじめ、この時セミがどこからか入っていると思っていました。

そのままにしていましたが、はちっこ倶楽部の西村さんから、メンガタスズメという
蛾だと教えて頂きました。

メンガタスズメは、蜜を採りに来て、蜜蜂に逆襲にあい、セミの抜け殻みたいになっ
ているのです。害虫がはいらないように網を張らなくては。

夏のしつらえ(巣箱)

6段から7段へ。
暑いに夏にも耐えられるように 

風が通るように、そして湿気対策をしました。

巣箱7月

巣箱の中をみてみると 蜂さん達があふれているので、
そろそろ また1段増やさないと。
前回は 空調のための1段増築なので、居住空間は増えていない。

巣箱7月

巣箱には、雑草がからまっていましたが、暑さ対策のためそのままに。
2018.8.9
YさんとUさんに手伝ってもらって、巣箱を1段増やして7段から8段へ
高層住宅の巣箱になりました。

巣箱の中

ところが2週間前の巣箱の中の画像の蜂さんと比べて
減ってました。

巣箱を増やさなくてよかったんだと思いましたが、1段取り除く
のも大変なのでそのままにしています。

巣箱の中

8月の末ぐらいになり、巣箱の中は、蜂さん達は増えていました。
ちょっとホッとしました。
巣箱8月

巣箱8月

巣箱の入り口は、害虫が入らないように網を8月の初めに取り付けてました。

今年の夏は 40度近くまであがり、巣箱の中の巣が落ちて、巣が全滅した
巣箱があると時々聞きました。
西向きの巣箱で心配しましたが、どうにか蜂さん達は夏を乗り越えました。

夏の花が少ないので、蜂の好きな夏の花を植えようと思っています。
日本ミツバチと西洋ミツバチとは好きな花は違うようです。
日本ミツバチの好きな花がまだよくわかりませんが少し調べてみようと思っ
ています。



掲載日:2018-11-05